顔のイボの治療方法ってどんな感じ?

顔にできてしまったイボの対処法|放っておいていいの?

顔のイボの治療方法ってどんな感じ?

顔にできたイボは液体窒素で除去する治療が一般的です!イボに直接綿棒などで付け、急速に冷却してイボを除去します。1週間くらいするとその部分がかさぶたになり、剥がれ落ちます。顔だと皮膚が柔らかく液体窒素でも十分効果がでることが多いようです。顔より下の皮膚や足の裏などでは液体窒素では取り除くことができず、レーザーを利用することも考えられます。
レーザーを利用する際は麻酔をしてから治療します。治療中は痛みを感じなくて済みます。液体窒素の場合は場所や利用する回数によって、痛み方が激しいと感じる人もいます。顔のイボで液体窒素の治療が痛いなら、レーザーに切り替えるのも良いでしょう♪
また、顔のイボには白いニキビのようなものができる場合もあります。この場合は中に詰まっている角質のようなものを取り出すだけで治療は完了します。切開したり、針のようなもので先端に穴を開け搾り出します。
顔のイボの治療は何よりもシミにならない方法を選びたいものですね♪液体窒素の方法が一般的でも、イボの大きさによっては色素沈着のように残る場合もあるため、医師に相談すると良いでしょう!絶対にシミを残したくないなら目立たない箇所から試すことをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ